再生マーク

動画とその活用

高速インターネット環境が普及した今日においては、動画マーケティングが重要になっている。動画を活用した営業活動により、見る人のインパクトを与えることができ購買活動に繋げてもらいやすくなる。これらにおいては、動画制作が重要になる。

詳しく見る

WEB site

企業のWEB制作の依頼

東京には多種多様なサービスを提供するWEB制作会社が存在します。クライアント側の企業が理想とするWEB制作会社を見つけるためには実績や技術力の高さを検証して、自社の予算に見合う媒体を制作してくれる企業を見つけ出すことが大切です。

詳しく見る

WEB制作

ウェブ制作費用の概算

ホームページ制作では基本媒体の制作やページ数、特殊機能やメンテナンスのコストを踏まえおおよその費用を把握しておくとが肝心です。また、京都ではモバイル向けのサイトのニーズも拡大しており、様々な業種で専用のホームページ制作依頼が増えています。

詳しく見る

WEBサイト

効果的な運用のために

現在では、インターネット上に存在するツールなどによって、無料でホームページを制作することができます。ただ、効果的なホームページを制作し維持するためには、ホームページ制作会社に依頼することが望まれます。大阪には数多くのホームページ制作会社があり、高い人気を維持しています。

詳しく見る

女性

良いものを作るために

ナレーションの録音をする際には、誰に任せるのかが重要ですから、業者に依頼して数人に原稿を読んでもらってから決めましょう。他にも安易に安価な業者を選ばないことが大切ですし、過去に手がけたものを見る、あるいは大企業や官庁の仕事をしているのかを調べておくと良いです。

詳しく見る

企業側が依頼する場合

マイク

気をつけておきたいこと

企業がナレーションの録音業者に発注する際には、気をつけておきたいことがいくつかあります。例えば個人で楽しむためにナレーションの録音をする場合とは違い、企業には必ずといって良いほど納期があるのです。万が一遅れると損害が出るため、スムーズにナレーションの録音をするためにも、ポイントを押さえておきましょう。まず企業側がやってしまう失敗の一つに、読み仮名をまったく使っていないというケースが挙げられます。辞書に載っている漢字についてはわざわざ書かなくても良いのですが、その企業内でしか使わない言葉や専門用語に関しては、なかなか他業種には読めないことが多いです。加えて漢字だけでなく、見落としがちなのがアルファベットです。こちらも多くの人が当たり前に使用しているなら、神経質になる必要はないです。しかしネイティブの人でも解読が困難なものや、造語を使用しているなら必ず読み仮名の使用しましょう。たったこれだけで確認作業や調べるなどの手間が省けます。それからナレーター選びにも企業ならではの注意点があります。企業のイメージに合うのは当たり前ですが、その前にナレーターが問題を起こしたことはないかの確認は必須です。特に最近では過去に投稿したSNSがきっかけで炎上することも珍しくありません。もしそうならナレーションに起用した企業まで、ダメージを受けることも多いです。そこで録音業者には徹底的に調べるように依頼して、場合によっては企業側が面接をするなど、手間を惜しまないようにすると失敗を減らせます。

Copyright© 2018 ナレーションの録音はスムーズに行なおう【気をつけておきたいこと】 All Rights Reserved.